構造設計|耐震診断|構造関連コンサルタント|ホームインスペクション|一級建築士事務所

SERVICE

耐震診断

1981年(昭和56年)に建築基準法が改正により、建物の骨組に関わる基準が大幅に変わりました。現存する昭和56年以前の建物は「既存不適格建物」という扱いとなり、現行法規を満足しない建物になります。つまり、安全性に大きな問題があるということです。現在、国の政策でも耐震化の促進が言われるようになりましたが、学校や病院を優先的に行っており、住宅に限っていえば世の中の大半の建物は「既存不適格建物」となります。これは、近い将来予想される大地震を想定すると、恐ろしい現状なのです。

弊社では、現存する既存不適格建築物をゼロにすることを目標に耐震診断を実施してまいります。既存不適格建築物以外でも不整形な建物や地盤の悪い立地の建築物など不安要素があるようであればご相談ください。